30代ママたくみのブログ。主にダイエットや美容について、子育ての情報をアップしていきます

ママいろは【30代ママの美容・子育ての情報ブログ】

30代のスキンケア

ビタミンC誘導体

更新日:

ニキビ・シミ・シワ・毛穴のたるみなどあらゆる肌の悩みに対応

抗酸化美白毛穴の引き締めなどさまざまな効果をもつスーパー成分

ビタミンCにはコラーゲンを増やす作用や皮脂を抑える作用が期待できるので、黒ずみ毛穴にもたるみ毛穴にも取り入れたい成分です。

ニキビ予防だけでなく、ニキビ跡の赤み(炎症性色素沈着)を薄くする作用も期待できる美容にはかかせない成分となっています。

ビタミンC誘導体とビタミンCの違い

通常のビタミンCはそのまま肌に塗っても吸収されにくい
肌に浸透するように安定性を高めたものがビタミンC誘導体
肌の中に入ってからビタミンCに変化する

ビタミンC誘導体3種類の違い

ビタミンC誘導体には、水溶性・油溶性と新型ビタミンC誘導体のAPPSの三種類があります。
それぞれの特徴やメリット・デメリットについてまとめてみます。

水溶性ビタミンC誘導体

成分名:リン酸アスコルビル3Na・アスコルビン酸Na・アスコルビルリン酸Na・リン酸アスコルビルMg・アスコルビルグルコシド など。

化粧水や美容液に使用されている成分で、パックやイオン導入にも効果的です。
毛穴が詰まっている人が水溶性ビタミンC誘導体でパックをすると、毛穴の汚れが飛び出してくるなど効果が見た目にあらわれやすい。

ただし、油溶性と比べて刺激が強いので、肌の弱い人にはピリピリすることも。
また、非常に乾燥しやすいので、水溶性ビタミンC誘導体でのケア後は必ず保湿ケアをすることが重要。

油溶性ビタミンC誘導体

成分名:テトラヘキシルデカン酸アスコルビル など

油溶性ビタミンCは水溶性と違いじっくりと浸透していくタイプ

即効性はありませんが、乾燥しにくい・刺激が少ないなどのメリットが有ります。
水溶性ビタミンCでピリピリと刺激を感じてしまう方は油溶性のほうがオススメです。

ただし、オイルタイプなのでつけすぎるとニキビの原因になりやすいので注意

APPS(新型ビタミンC誘導体とは)

成分名:パルミチン酸アスコルビルリン酸3Na

apps(アプレシエ)は通常のビタミンC誘導体よりも100倍浸透性に優れている。

水溶性ビタミンCは乾燥しやすいのがデメリットだがAPPSなら乾燥もしにくい優秀な成分。

難点は、他のビタミンC誘導体と比べて、やや高めの価格であること。

-30代のスキンケア

Copyright© ママいろは【30代ママの美容・子育ての情報ブログ】 , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.